無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

#6
あなたside
はー(深いため息)、なんで私が全部やらないといけないのよ!
でも、私がいない間帆乃華がやってたのは事実だし
仕方ないよね〜、帆乃華と私以外にマネいないし………
ドリンクとか、毎日私がやってるし、帆乃華はずっとスマホをいじってるし、本当、嫌になっちゃう。
色瀬帆乃華
色瀬帆乃華
ねー、できた?
_春夏冬@あきなし_(なまえ)
春夏冬あきなしあなた
うん、はい
私は、どうぞ〜と作ったドリンクを帆乃華に渡す。
_春夏冬@あきなし_(なまえ)
春夏冬あきなしあなた
はー(ため息←2回目)
色瀬帆乃華
色瀬帆乃華
皆さーん!ドリンクが出来ましたよぉ〜!
こんな日常が毎日続く。
そんなある日、帆乃華から合宿があることを告げられた。
は?マジで?帆乃華とずっといないといけないの?
あー、やだなー
-------------------------------------------------------------------------
作者です!
今回は、短めにしました!
すみません🙇‍♀️
#5、#6では、あなたちゃんの青葉城西での日常を書きました!
次回から合宿編です!これからもよろしくお願いします!
それと、お気に入り、いいね!してくれると嬉しいです!よろしくお願いします‼︎
(・◇・)/~~~