無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

102
2021/09/19

第3話

依頼はリア充さん
あなた達は、依頼人の方へ向かった
類
あ…
羅衣
類じゃん。どうしたんだ?
真下類マシタルイはクラスの中での完全に陽キャ。他の奴らと比べたら
そんなに喋らない方だった。でも、女子には完全にモテている。
玄道
玄道
あのさぁ、本当に解決してくれるの?
草寂玄道クササミハルミチはクラスの中でかなり喋る方の陽キャ。クラスのカーストで例えたら、王女の婿みたいなもんだ
羅衣
はぁ、まぁオタクがやってると思ってますもんね。でも自信はありますよ
陽キャさん。
類
もう、そんなに怒らないでくれよ〜。君だって陽キャじゃないか。
羅衣も成績と運動神経が良い。話す時は凄いお喋りだし、こういうキリッとする時は大抵大事な事だ。
ちなみに羅衣のクラスでは、2つの派閥がある。
玄道率いる玄武派。そして恒星という奴が率いる星神派。羅衣は星神派の幹部的なものだった。そして類は無所属。
さて、余談はそこまでにして
類
あ、うん。最近。男子が少なくなってない?
羅衣
あぁ。無断欠席してるってな。
類
でも、クラスでは失踪事件かもっていう情報があるんだ
羅衣
なるほど…
羅衣
なんで失踪事件だと?
類
まず、親の様子がおかしい。
生気を失った様な…
類
そして、バックがいつまでたっても無いこと。
類
親御さんに聞いたんだけど。あの子は何処にいるんですかって。
全員には、ある疑問があった
あなた
なんで学校はその事を隠すのでしょう…
羅衣
あぁ。なんでわざわざ隠すのだろうか
類
うーん。聞いてみたんだけど、会長さんに追い出されちゃって
緋彩
緋彩
会長と関係があるのかしら
類
それで、調査をしながら僕の事を監視してくれないか?
羅衣
おう。じゃあ…
羅衣
蘭。
あっ。よろしくお願いいたします。
類
よろしくね
あなた
私も着いて行きますね
わぁ。ありがとう。心強いよ
こいつも違うのよ…
男子生徒
ヒィィィィ
あたしの彼氏…どこだっけ