無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

283
2019/11/25

第3話

7MEN 侍var.
嶺亜side
俺らの大切な人が亡くなった
通り魔に腹部を刺されたんだ
刺された当初は意識は薄れていたけど息はしていたみたい
でも病院に運ばれて緊急手術して成功したけど
その1週間後俺らがお見舞いに行って数十分後に静かに息を引き取ったんだ
永眠をしてしまった
俺らはそよに最後に何を言ったっけ?
最後に何を言われたんだっけ?
そよ『嶺亜たちにはずっと輝いていてほしいから。それが私の夢なの。私の命も残り少ないから。だから私の分まで人生楽しんでね。今までありがとう。』
中村「そよ‼死んじゃダメだよ‼生きなきゃ」
そよ『嶺亜,ごめんね。こんな私でごめんね。』
矢花「生きろよ‼そよお前はまだ生きていいんだから」
本高「そよ,生きてよ。俺のトレーニング付き合ってくれるんでしょ?」
菅田「そよ,何で?何で死ぬの?」
佐々木「そよ,死んじゃいけないよそよにはまだ未来があるからさ」
今野「そよまたみんなでセッションするんじゃなかったの?」
そよ『ご‥‥めん‥‥‥‥ね‥‥‥‥』
ピーピーピー
そよの病室に嫌な音だけが響いた
この言葉を最後に
7「「そよーーー‼( ノД`)…゜゜(´O`)°゜。・゜゜(ノД`)・゜・(つД`)・゜・・・・(;´Д`)」」
俺らは泣きまくった
泣いて
泣いて
泣いて
いくら立ち直ろうとしても
立ち直れなかった