無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

久しぶりのアバハウス
そらからLINEをもらって久しぶりにアバハウスに行くことになった。
えいちゃん、いるかなぁ...?
ほんとによくよく考えると、
何もしてない時はえいちゃんのことばっか考えてたし、
改めて自分がどれだけえいちゃんのことが好きが分かるような気がした。
ピーンポーン
そらちぃ
はーい!どぞー
ガチャ
あなた
久しぶりー
そらちぃ
久しぶりー!
あなた
おじゃましまーす
そらちぃ
どぞどぞ
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
ガチャ
ツリメ
あ!あなたー!
リクヲ
えっ、あなた?
あなた
久しぶり。みっくん、りっくん。
リクヲ
なんか、大人っぽくなった?
あなた
そう?
そらちぃ
静かだからじゃね?
えいちゃんいないし。
あなた
えいちゃんは?部屋にいる?
そらちぃ
いない...けど
あなた
けど?
ツリメ
最近えいちゃんと連絡とってる?
あなた
いや、
リクヲ
えいちゃん、朝帰りが多いんだよね。
ツリメ
編集とかはちゃんとやってくれてるからいいんだけど...
そらちぃ
あなたがいるし、えいちゃんに限ってそんなことないと思うんだけど。
あなた
そっか...
あなた
まあ、しょうがないよね!
だって、そりゃえいちゃんだって
あなた
忙しいもんね...