無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第39話

話し合い2
エイジ
んぅー、分かった...
あなた
ごめんね、疲れてるのに。
エイジ
いいよ、行こ。
ガチャ
あなた
そら、みっくん、りっくん。
そらちぃ
ん?あぁ、
ツリメ
ちょっと待って!
リクヲ
みっくん、急いでね。
ツリメ
分かった!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ツリメ
おまたせ。
あなた
じゃあ、初めよっか。
あなた
あのね、えいちゃん。
エイジ
うん。
あなた
まず、言いたいのが、
...旅行楽しかった...?
エイジ
うん、楽しかった。
あなた
そっか...よかった...
そらちぃ
あなた...
あなた
分かってる。
あなた
で、なんで最近私と連絡を
とってくれなかったの?
エイジ
別に、特に意味は無いし、
最近充電の減りが速かったから、電源を切ってただけ。
ごめん。
あなた
嘘かほんとかは分からないけど、
そら達が言ってる朝帰りっていうのは?
エイジ
そら達といると、
ちゃんと編集できないからさ、
一人でやろうと思って外でやってた。
あなた
そっか...
ち、ちゃんとご飯食べてる?
エイジ
食べてるよ。
あなた
そっか...
エイジ
あなた。
あなた
ん?
エイジ
そんな顔しないで。
俺は、あなたのことが嫌いになったわけじゃないし、
浮気してる訳でも無い。
エイジ
俺は今でもあなたが好き。大好き。
エイジ
連絡が取れなかったり、
会えなかったのは悪かったと思ってる。
そらちぃ
なら、もっとあるんじゃないの?
そんな薄っぺらい言葉言われたって、
あなた
そら!
そらちぃ
!、?
あなた
いいよ、ありがとう。
そのあとは空気が悪くなって、
りっくんもみっくんも黙って
そらも小さく頷いてそれ以上は何も言わなくなった。

えいちゃんも、私の前にしっかり座って
しっかり目を見て前を向いていた。
















やっぱりえいちゃんは、強いなぁ