無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第59話

プレゼント3
エイジ
あー、美味しかった!
あなた
お腹いっぱーい笑
エイジ
あ、あなた。
あなた
ん?
エイジ
これ。
あなた
なにこれ?
エイジ
開けてみて。
あなた
いいの!?
エイジ
いいよ?
あなた
じゃあ、開ける、ね。
エイジ
なんでそんな疑ってんの笑
あなた
なんもない?
エイジ
なんもないよ笑



あなた
わぁ...かわい、
あなた
えっ、なになに?
これってくれるってこと!?
エイジ
プレゼントって書いてあんじゃん笑


実はこっそりカードも差し込んでおいた。

メッセージ付きの綺麗なカード。

あなたがどんな言葉を書いたら喜んでくれるのか。
家に帰ってから、3時間くらいは悩んだ。
あなた
急にらしくないことなんかして。
あなた
ドッキリかなんか?
エイジ
違うって!日頃の感謝を込めて!笑
そんなに信用できないの...?
あなた
へへ、ごめんごめん笑
なんとなく気になっちゃうじゃん、
急にこんなことされたらさ。誰だって。
エイジ
じゃあ、ついでにもうひとつ...