無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

8
2020/12/05

第5話

4話


あれから、後輩ちゃんたちと一緒に曲やその他もろもろを決めました。
月菜
よし、とりあえず今はここまで決めて明日からは練習ね。
後輩「はい!!」
美空
それじゃあ、
月菜
解散!!
後輩「はーい!」
  「先輩、帰りましょう♪」
美空
よし、今日どっか寄る?
美空
これから頑張ろうって意味も込めて
月菜
お、いいね
月菜
みんなは大丈夫?
後輩「行きたいです!!」
美空
よし、決まり!!
いつものように、私たちは部員全員で帰った。

会話の通り寄り道でスイーツを食べに寄ったけれど、























月菜
ふぃー、疲れた~
月菜
美奈はもう帰ったかな?
美奈のバレー部と私たちの吹奏楽部は下校時間が違うため一緒には帰れない...

それで、しょげている私と美奈はお互いが帰った後に毎日必ず電話している。
プルルルル
美奈
【もしもし~?】
月菜
【あれ、美奈今日帰るの早いね】
美奈
【いや、いつも通りだよ。なんならちょっと遅いし、】
月菜
【え、うそ、】
美奈
【今日、そっちも遅かったんじゃない?】
月菜
【あぁ~そうかも、】
美奈
【どしたの?】
月菜
【いや、校内コンサートに向けてね、】
美奈
【お、いつすんの?】
月菜
【えっとね、まだはっきり決まってないんだけど、3年の引退試合前かな...】
美奈
【じゃあ後だいたい一か月?】
月菜
【うん!だから、明日からまた帰る時間が遅くなるかな?】
月菜
【もしかしたら、バレー部と一緒かも、】
美奈
【そうなったら、一緒に帰りたいなぁ~】
美奈
【そしたら、周りの目なんて気にせずに済むのに...】
月菜
【大丈夫、何があっても私は美奈の味方だよ、】
美奈
【ありがと。あ、そういえば海斗の誕生日知ってる?】
月菜
【え、知らない。】
美奈
【なんで好きな人の誕生日も知らないのw?】
月菜
【うぅ~、】
美奈
【教えて欲しいか?】
月菜
【教えてください!!美奈様!!】
美奈
【ふふふ、よかろう。海斗の誕生日は9月2日だって、】
月菜
【へぇ~、「靴の日」じゃん】
美奈
【どういう覚え方だよw】
月菜
【もう覚えた、靴の日ね】
美奈
【やめてw9月2日来ると靴の日思い出すからw】
月菜
【なんでよww】
美奈
【あー、笑ったw】
月菜
【じゃあ今日はこの辺にしますか、】
美奈
【ほーい、じゃーね】
月菜
【ん、おやすみ】
美奈
【おやすみー】
ぴろん♪
長電話をしすぎてしまう毎日。

美奈と喋るこの時間は時間を忘れて話し込んでしまう。