無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

13
2020/12/03

第3話

2話


キーコーンカーコーン
先生
はーい、席につけ~
チャイムと同時に先生が教室に入ってきた。

その瞬間ざわめきはやみ、教室は静かになる。
先生
じゃあ、ホームルーム始めるぞ~
「起立、礼、着席」
先生
え~出席確認、今日は休みなし、
先生
伝達は特にないな、
男子「先生~、適当すぎねぇ~」
先生
黙りなさい、じゃあ伝達1つ
先生
お前らの、数学の小テスト、平均43点だぞ、
先生
復習しておけ、
あー、それはやばい、

教室がまた静まり返った。
男子「先生、そんな報告は求めてないです~」
先生
お前が1番低いぞ
「wwww」
静まり返ったと思ったら、その一言で教室は笑いで溢れた。
ちらっ
海斗
ww
私が目線を向けたその先には、離れた席で笑っている彼の姿。

はぁ、笑っているときすらもかっこいい。
キーコーンカーコーン
先生
はーいホームルーム終わり




























そんな感じで私の一日は平和に過ぎていく。