無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

5
2021/01/01

第13話

12話
海斗
決めた!!
お前うるせぇよ。
海斗
あ、わり
今日は休日で翔の家でゲームをしている。
で、何?
海斗
なにが?
えー!?さっきあんな大きい声出して「決めた!!」って言ってたのに!?
海斗
あ、そのことか。
で、何を決めたんだよ。
海斗
月菜に告る
!?
翔は驚いた顔をしていたけど、すぐに、嬉しそうな顔をした。
海斗
なんだよ、その顔
やっとかぁと、思いまして
確かに、翔に相談してきてもう約3ヶ月。
短いかもしれないが、相談する頻度がえぐい。

毎日のように話し合っていた。
いけると思うよ。で、いつ告んの?
海斗
んー?いつがいいと思う?
告白すると決めたが、いつするかは決めていなかった。
あ、そうだ。1週間後はどう?
海斗
なんで1週間後なんだ?
はぁ!?お前1週間後何がある?
1週間後...

大会は3週間後。


1週間後は...あ、
海斗
吹奏楽の校内コンサート
ビンゴ
海斗
確かに、コンサートの日はいいかも。
よし、じゃあこれから1週間。
変わろうとか別にしなくていいから、ちゃんと月菜ちゃんのこと見とけよ。
海斗
おう!ありがとな翔
成功したらちゃんと俺に報告しろよ。そしてご飯を奢れ
相変わらず図々しいな。
けど、翔のおかげでもあるしな。
海斗
失敗しても、成功しても奢ってやるよ。
サンキュー
って、ボーっとしてっとやられっぞ
海斗
あ!?お前ずりぃぞ!!
ほらよ!!














ほんと、いい友達をもったな。