無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

8.
夜風よかぜあなた
今日は楽しかったです…!!!
冨岡先輩、ありがとうございました!!
冨岡義勇
……俺が勝手に連れ回しただけだ。
礼には及ばない
ではまた来週、と。
冨岡先輩に別れを告げてから、踵を返した。

家に帰ったら何しよう。やる事ないな。






___そんなことを考えながら歩いていた時。
夜風よかぜあなた
……あ、
不死川実弥
……
…ばったり。









不死川実弥
……随分と、めかしこんでるじゃねェか
夜風よかぜあなた
え、
___薄く笑って、彼は言った。
不死川実弥
……乗り換えがはえぇのなァ?
夜風よかぜあなた
は、……
乾いた声しか、出てこなかった。







私が、どれほどッッ……!!!!!

…どれほど……実弥のこと、
夜風よかぜあなた
ッッ……ポロポロ
夜風よかぜあなた
何も、知らない、くせにッッ…!!!ポロポロ
そう吐き捨てるように言うと、

私はその場から走り去った。
















不死川実弥
……何も知らねぇのは、
不死川実弥
お前の、方だろォッッ……ポロポロ
















next