無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

全員集合
どうも!ザカオです!
今までのを見てくれた人は分かると思うんだけど、
シルク、モトキ、ンダホが女の子になったらしい。
てかなってる。
今ここにみんないる。
んでそれぞれイチャついてる。
え、状況についていけてないの俺だけ?!
ザ「え、みんな大丈夫なの?」
女「うん!」
モ「まぁ1つあれと言ったら…ダーマがモゴモゴ」
ダーマがモトキの口を抑えた。
え、何…怖い。
でも俺はすぐに察した。
だって、モトキの首元にキスマークついてるもん。
ご愁傷さまです(๑ーㅅー๑)
でも、ほんとに女の子なんだなー。
全然違和感ないし‪w
そんでもって…シルクが可愛い。
みんな知ってるでしょ?
俺の好み。
黒髪ショートカット。
しかも今なら巨乳付き(っ・д・)≡⊃)3゚)∵
多分、二度と現れないだろうな。こんな美人。
ヽ(・ω・`)ポンポン
ザ「ん?」
方を叩かれ後ろを振り向くと
マ「やらねーよ?(   ´ ꒳ ` )💢」
ザ「ひゃい…。」
ヒェ━━(.;゚;;∀;゚:,)━━エェエ!!!
マサイさんご立腹です。
俺なんも言ってねーのに!
マ「言ってなくても分かる」
シ「( 'ω')?」
マサイがシルクをしっかりホールド。
シルクは何も分かっていません。
悔しいが…友達の彼女に手を出すほどはしねーから
安心しろよ\(^o^)/
ザ「ゔゔん…それより、どうするの?」
ン「どうしよーねー」
ぺ「(*´・ω・)(・ω・`*)ネー」
ホンワカモードの2人。
だめだこりゃ。
シ「んー動画に出るわけにはいかんからな。」
モ「じゃあ、しばらくの間は旅行とかで出れないってことにする?」
マ「じゃあ、その辺は任せとけ」
ダ「まぁ、俺も仕事の後とかなら出れるし」
ザ「俺も大丈夫だよー!」
ぺ「俺もしばらくは収録ないから平気!」
こうして男子軍で動画を撮ることになった。