プリ小説

第7話

6
ー5時間目ー
まふまふ
まふまふ
初めまして、まふまふです!
趣味は歌う事と、ゲームです。
よろしくねー
那菜
那菜
げっ!暗唱野郎…(ボソッ)
まふまふ
まふまふ
何か言った?那菜さん
那菜
那菜
な、なんでもないです!!
まふまふ
まふまふ
そっか。うーん…
那菜さんから枕草子の第1段暗唱してもらおうかな。
那菜
那菜
なんで私?てか言えないよ
まふまふ
まふまふ
そう言うと思った。
あなたさんは言える?
あなた
あなた
なんで名前知ってるの…
言えるかな…
あなた
あなた
春はあけぼの。
…(省略)灰がちになりてわろし。
まふまふ
まふまふ
おおー凄いね!

「なんで言えるの?」



「すごい…」
那菜
那菜
中学の時もあったよねw
それであなたいつも1番最初にやってたw
あなた
あなた
まあねw
「次もあるの?」


「誰当てられるの?」


「俺に言えないんだけど」


「俺もー」
まふまふ
まふまふ
冗談だよwもうやらない。
授業を普通にやりますw

「良かったー」


「暗唱とか聞いてないよ…」










キーンコーンカーンコーン…
まふまふ
まふまふ
時間になっちゃった。
それじゃ、明日は徒然草の序段かな
那菜
那菜
え、明日もあるの?
まふまふ
まふまふ
言えばいいんじゃないの?
あなた
あなた
腹黒…


────────────────
まふまふ
まふまふ
どうして僕がこんな感じなの
作者
作者
腹黒を出したかった←
那菜
那菜
苦労したんだよ
まふまふ
まふまふ
僕じゃない!
暗唱だったら竹取物語やる!
あなた
あなた
え…
ほとんど変わりないんじゃ…
坂田
坂田
6時間目は理科やで
まふまふ
まふまふ
さかたん!おひさー
坂田
坂田
国語大変やなー
作者
作者
私は多分大丈夫。
勉強は頭に入らないけど古文なら入る
那菜
那菜
なにそれー
作者
作者
あ、ちなみに暗唱で発表
1番最初にやってましたよ
あなた
あなた
それしか自慢できないもんね
那菜
那菜
あなた毒舌…
坂田
坂田
はい、終わり。
俺も早く授業したいー
まふまふ
まふまふ
閉めよっか!
またお会いしましょう!
那菜
那菜
ばいばーい

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

おとは
おとは
皆様初めまして!おとはと申します! 一応小説書いてます。 ღプロフィール 性別→女 歳→中学2年生 趣味→読書、ゲーム、音楽を聞く 嫌いな事→勉強 推しはそらるさんとセンラさんです💙💛 もちろん皆さん好きですけどね← ღ ♡・☆・👀・コメント いつもありがとうございます! コメントくださったら更新頻度上がるかも…?(チョロいので) あ、読んでくださるだけでも充分嬉しいです! ღリクエスト等ありましたら作品のコメント欄にでも書いてください。 遅れる&期待に添えないと思いますができるだけ応えていくつもりです。 こんな奴ですが仲良くしてくださると嬉しいです!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る