無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

高校2日目
出「さて、校舎を回るか」
出凪は校舎の道を知らないから昼休みに覚えようと思っていた
出「あ、今日薬忘れた」
出凪は体が弱いためいつも薬を持っている。今日は忘れたので緑谷に予備をもらいに行こうとした
コンコンッ
出「失礼します、ここに緑谷出久はいますか?」
ニ「⁈」
出「あ、いた」
緑「ど、どうしたの?」
出「あは、薬忘れちゃったから頂戴」
緑「なんで忘れるかなぁ…」
爆「オイ…デクゥ…」
緑「あ、かっちゃん…」
爆「なんで凪兄がここにいんのじゃゴラァァァ!」
出「あ、勝己」
緑「ちょかっちゃん話聞いて‼︎兄さんもなんか言って‼︎」
全「兄さん⁈」
いままで静かだったA組のクラスが言った。
出「勝己俺雄英に入ったから〜よろしくね」
爆「ふざけんなクソがァァ‼︎‼︎」