第2話

1
155
2024/02/04 08:00
JK
JK
はぁ……、
JK
JK
学校行かなきゃ…
JU
あれ?何しに来たの?ㅋ
JK
JK
ただ学校行くだけ、そこどいて邪魔
mother
じう?
朝ごはん出来たからね?
JU
はーい、今行く〜
JU
毎朝朝ごはんなくて可哀想だねぇ、まぁおっぱは私よりも劣ってるもんね?ㅋ
JK
JK
…どけ、邪魔だって言ってんの分かる?
JU
朝ごはんないからって私に当たらないでくれる?
JK
JK

















JK
JK
…一限目体育かよ、
boys
あれ?
お前体育やんの?ㅋ
boys
今日陸上なのに?
boys
どうせお前1番ビリなんだからやらない方がいいんじゃない?ㅋ
boys
恥かくよ〜?
JK
JK
…知るか、
JK
JK
僕の勝手だろ、
boys
まぁでもこいつのおかげでビリは無くなるじゃん?ㅋㅋ
boys
確かに〜ㅋ
boys
陰キャメガネくんは教室の端っこで課題と向き合ってるのがお似合いだよな〜ㅋ

















JK
JK
…ほっといてよ、
陰キャだからなんだ、

運動神経悪くて何がいけない?

僕がこれで本気出したら?

そしたらいじめは無くなる?
JK
JK
どうせ他のことでいじめられるよな、


















girls
あははㅋ
メガネまたダントツ最下位じゃんㅋ
girls
男のくせに運動神経悪いのかっこ悪い〜ㅋ
girls
まぁ無理でしょ、課題の恋人なんだから運動とは相性悪いんでしょ?ㅋ
JK
JK
…僕が本当に運動神経悪いわけないじゃん、

















boys
おい、メガネくんさぁ?
俺らの課題明日までに全部終わらせて来てね?
JK
JK
は、?
boys
何その態度?
明日までにやってこなかったら酷い目にあうのはメガネくんだよ?ㅋ
JK
JK
…、















𝙉𝙚𝙭𝙩 ︎ ⇝

プリ小説オーディオドラマ