第3話

2
128
2024/02/06 08:00
JK
JK
こんな量終わるわけないだろ、
JK
JK
夜ご飯なんて作ってる暇も食べる暇もないな、
JK
JK
ほんと最悪…っ、

















JK
JK
終わった…けど、

ダメだ、もう自分の課題やる時間が無い…
JK
JK
はぁ、あの先生怖いのに、
JK
JK
アイツらごとこの課題と一緒に燃やしてやりたい…

















teacher
じゃあ課題集めるから持ってこい
JK
JK
先生、課題忘れました
ごめんなさい
teacher
え、ちょんが?
teacher
珍しいな、いつもがいつもだから今回は見逃すよ
明日持ってきてくれればいいよ
JK
JK
すいません、ありがとうございます
いつもちゃんと提出怠らなくて良かった…

teacher
ほら、他の奴らは早くもってこい


















JK
JK
課題やらなきゃ
mother
ねぇ、これやっといて
JK
JK
…なにこれ
mother
テレビの調子が悪いのよ
私もお父さんもじうもこれから外食で忙しいから帰ってくるまでにやっといて
JK
JK
無理だよ、俺は明日までに終わらせないといけない課題が沢山あるから
JK
JK
俺あのテレビ使ったことないから自分たちでどうにかして
mother
は?
いつもあんたのために色々してあげてるんだからこのくらいしなさいよ
JK
JK
俺がいつ何をしてもらった?
ご飯も作ってくれない、洗濯もしてくれない、しまいにはリビングも使わせてくれない
JK
JK
何もしてもらってない
JK
JK
とにかく早く外食しに行ってくれる?
俺は課題で忙しいから話してる暇は無い
mother
は?なんなのあんた
JK
JK
あとは3人でご自由に直してください


















𝙉𝙚𝙭𝙩 ︎ ⇝

プリ小説オーディオドラマ