無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

助けて○○○.. ( ) Ⅰ
なぎさの家を出た頃には、外は真っ暗になっていた...




はぁ...




それより、やっぱりなぎさは私なんか好きじゃないよね..






なぎさの正解だと思うよ..




とか考えながら私はなぎさの家の前で立ち尽くしていた..




そしたら突然...!
男 の 人 達
お嬢ちゃんいまひとり?
あ な た
あ な た
は、はい
男 の 人 達
おじさん達とお遊びしない?
あ な た
あ な た
え、?
男 の 人 達
ちょっとぐらい良いでしょ〜?
男 の 人 達
じゃあ、ちょっと別の場所に行こうか


グィッ



あ な た
あ な た
やめてください!!
あ な た
あ な た
離してください!!
男 の 人 達
大きい声出すんじゃねぇよ
男 の 人 達
今度また、下手な真似したらどうなるか覚えとけよ
あ な た
あ な た
...泣
男 の 人 達
すぐ分かるじゃん
男 の 人 達
良い子だなぁ、


あなたside
(私このまま連れ去られて殺されちゃうのかな)
(まだ、なぎさに言いたい事があるのに...)


シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

Moon 🌙*.。
Moon 🌙*.。
主に恋愛系を連載してます / ”Please ♡ ・ ☆ ”
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る