無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

2話
(なまえ)
あなた
ここは?何処?
一郎
一郎
あぁ起きたか
(なまえ)
あなた
あなたは?
一郎
一郎
俺は山田一郎だお前は?
(なまえ)
あなた
あなたの名字、あなたの名字あなたの下の名前
一郎
一郎
あなたの下の名前かよろしくな!
(なまえ)
あなた
は、はい一郎さん
一郎
一郎
一郎でいいよ
(なまえ)
あなた
は、はい!
一郎
一郎
所であなたの下の名前てなんであんな所に倒れてたんだ?
(なまえ)
あなた
え、えーと(一郎なら言ってもいいかな)
一郎
一郎
なんだ?
(なまえ)
あなた
実は私自殺したんだそれで起きたらここにいて、、、
一郎
一郎
それってラノベとかにある転生じゃないか?
(なまえ)
あなた
そ、そうなんだ
一郎
一郎
自殺したってどうして自殺したんだ?
一郎
一郎
まぁいいずらいなら言わなくてもいいけど
(なまえ)
あなた
学校とかでいじめにあって辛くなったから
一郎
一郎
大変だっただろよく頑張ったな
(なまえ)
あなた
う、うん!( 。゚Д゚。)
(なまえ)
あなた
で、でも私もう住むとこがない
一郎
一郎
じゃあ個々で住むか?
(なまえ)
あなた
い、いいの?
二人が帰ってきた
二郎
二郎
兄ちゃんかえったよ!
三郎
三郎
いちにい帰りましたよ
一郎
一郎
おかえり二郎、三郎
二郎
二郎
兄ちゃんその人だれ?
一郎
一郎
こいつはあなたの下の名前だ
(なまえ)
あなた
はじめましてあなたの名字あなたの下の名前です
三郎
三郎
あなたの下の名前さんですか
一郎
一郎
ちなみにあなたの下の名前は個々に住むことになったから
二郎
二郎
は?!なんでこいつが?
三郎
三郎
そ、そうですよなんであなたの下の名前さんがここに住むんですか?
(なまえ)
あなた
わ、私家無いの、、
三郎
三郎
そ、そうだったんですな辛いこと思いださせてすみません
二郎
二郎
お、おれも悪かったな
(なまえ)
あなた
いいんですよこれから宜しくお願いします
二郎
二郎
よろしくな!
三郎
三郎
宜しくお願いしますね
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
作者
ここで区切るよー
(なまえ)
あなた
二郎君と三郎君やさしい(*´▽`*)
作者
作者
よかったね
(なまえ)
あなた
うん!
作者
作者
じゃあそう言うことで乙柚!
(なまえ)
あなた
乙柚ー