無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

2
月島蛍
月島蛍
でもさ…
月島蛍
月島蛍
あなたが寝坊した時は置いてくからね。
ひ、ひどい!鬼め!巨人め!メガネめ!
月島蛍
月島蛍
チビ…
そんなことを校門までずっと言い合っていたら…毎日のように山口くんが…
山口忠
山口忠
ツッキー!あなたさーん!
あ、山口くん
月島蛍
月島蛍
うるさい山口
山口忠
山口忠
ごめん…ツッキー…ハァハァ
山口くんの息が切れてるのももちろんいつもの事
山口くん今日もおつかれw
山口忠
山口忠
うん…
私達は教室に向かい席に着いた。まぁその席って言うのが最悪で…
月島蛍
月島蛍
あなた、今日はちゃんと教科書持ってきてるよね?
あ…忘れてた…
山口忠
山口忠
はは…
そう、私を真ん中にして右に山口くん左に蛍という…

席替えの時山口くんが隣ってわかった時はほっとしたけど蛍が隣になって死んだと思った…