無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

自転車に揺られて
恭平
恭平
ちひろとこうして自転車乗るのも久しぶりだよなぁ。
ちひろ
ちひろ
・・・はぁ〜?

恭平の自転車に乗ったの初めてだけど。

誰かさんと間違えてませんか?
恭平
恭平
あれ?

ちひろじゃないのか?

緑子かな?
ちひろ
ちひろ
そうなんじゃない。

恭平、緑子さんにベタ惚れだったからね。

今でも緑子さんと付き合ってるの?
恭平
恭平
ああ、今でも付き合ってるよ。
ちひろ
ちひろ
そっか、前から好きだったもんね。
恭平
恭平
ああ、でも高校の頃は付き合ってないぞ。

付き合いだしたのは高校卒業した後。
ちひろ
ちひろ
え?!

そうなの?

同じ部活で何時も一緒に居たからてっきり付き合ってると思ってた。
恭平
恭平
ああ、それな緑子サッカー部のマネージャーだったから俺も緑子狙いでサッカー部に入ったんだけど。

既に緑子付き合ってる人いるし。
練習はキツイはで散々だったわ。
ちひろ
ちひろ
アハハ。

動機が不純なのよ。

私もマネージャーやれば良かったな。
恭平
恭平
ちひろは合唱部だったっけ?
ちひろ
ちひろ
うん、そう。

歌が好きだったし、引っ込み思案な性格も治したかったし。
恭平
恭平
何かの冗談か?

引っ込み思案?

ちひろが?

ありえねぇ〜。
ちひろ
ちひろ
それどういう意味よ。
恭平
恭平
俺が知ってるちひろはガサツで男っぽくて凶暴な生き物だけどな。
ちひろ
ちひろ
ナ、ン、デ、ス、ト。

い、今、凶暴な、い、生き物と言ったか?

このプリティで村1番の美女に向かって。

凶暴な生き物だと〜。

恭平、死にたいのか〜。

恭平
恭平
そうそう、そんな感じがちひろらしい。

ぐはぁ〜。
ムカついた私は恭平の脇腹を思いっきり抓った。
恭平
恭平
い、いでぇ〜。

分かった、俺が悪かった。

だから抓るな。