無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

最低だ
あれからどうやって帰ってきたか覚えていないが。


気付いたらベットに横たわって居た。


何気にスマホを見るとLINEの通知が入っていた。


緑子からだ。


俺は慌てて飛び起き内容を確認する。
緑子
緑子
明日大事な話があるから昼休みに何時もの場所で。
と、一言で終わった。
恭平
恭平
分かった。

何時もの場所で話そう。
そう返信した。

俺も話したい事がいっぱいある。

でも、話しをするのが怖かった。

このまま終わってしまうんじゃないか?

10年間続いたこの関係がたった一晩で終わってしまうのが何より怖かった。

それと同時にあれは何かの間違いでまだ2人の関係は続くと言う淡い期待も抱いていた。


とにかく明日話そう。


明日になれば分かるはず。
そう自分に言い聞かせた。

でも、今日は寝れそうもない。
やっぱり色々考えすぎて眠れなかった。

俺はそのまま支度をし村役場へと向かった。

職場までの道のりがやけに長く感じる。
会ったら何から話そうか?

それよりもちゃんと話せるのか?

そんな事を何度も考えてる内に役場に着いた。


中に入ると既に緑子は自分のデスクに座って居た。
そこには何時もと変わらない緑子が居る。

何時もなら何の躊躇いもなく話せるのに。

今日はなかなか切り出せない。

俺は意を決して緑子に近付く。


緑子がこちらに気付き何時もと変わらぬ笑顔で挨拶する。
緑子
緑子
おはよう。

恭平。
何時もと変わらぬ優しい笑顔。

その笑顔を見た瞬間、頭が真っ白になった。
恭平
恭平
あ、あ、えっと。

緑子、き、昨日の事なんだけど。
頭が真っ白になった俺は焦ってしまい思わずこんな事を言ってしまった。
緑子
緑子
恭平。

お、は、よ、う。
緑子は少しイラついた表情をした。
恭平
恭平
え、あ、おはよう。

緑子。

昨日の事なんだけど。
緑子
緑子
恭平!!

昼休みで、て言ったよね。

今ここでその話をしないで!!
いつになく声を荒げて睨みつけてきた。
恭平
恭平
ご、こめん、でも、俺は
緑子
緑子
恭平!!
緑子の怒鳴り声が響く。
ちひろ
ちひろ
お、おはよう。

ねぇ、なんか会ったの?
何とも間の悪いタイミングでちひろが出社して来た。

何も知らないちひろは心配そうに俺達の顔を見る。
緑子
緑子
おはよう。

ちひろちゃん。

ううん、大した事ないの。

痴話喧嘩よ、痴話喧嘩。
ちひろ
ちひろ
そう、ならいいけど。

外まで怒鳴り声が聞こえたからビックリしちゃった。
ちひろ
ちひろ
恭平もおはよう。

もう、何やらかしたのよ。
恭平
恭平
ああ、おはよう。

お前には関係なぇよ。
俺は素っ気なく応えた。

今はちひろと話したい気分じゃない。
ちひろ
ちひろ
何よ、その態度。

人が心配してあげてるのに。

どうせ恭平が下らない事でも言ったんでしょ。
ちひろはいつもの様に意地悪ぽく話しかけて来た。

でも、今の俺にはイラつかせる言葉でしか無い。
恭平
恭平
うっさいな!!

お前には関係ないって言ってるだろ!!
俺は思わず怒鳴ってしまった。
ちひろ
ちひろ
え?

ご、ごめんなさい。
ちひろは余程驚いたのか身体をびくつかせながら謝った。

ちひろは何も悪くないのに。

俺は最低だ。

緑子
緑子
ちょっと恭平!!

ちひろに当たらなくてもいいじゃない!!
緑子のその言葉にイラついて机を「バンッ」と叩いた。
恭平
恭平
・・・ごめん、ちひろ。

なんか、ダメだわ。

頭冷やしてくる。
ちひろ
ちひろ
あ、う、うん

私は平気だから。
俺はそう言い部屋を出た。

俺は何やってんだろ本当に最低だ。