無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

緑子さんからのお誘い。
夕食を終え自分の部屋に戻り私はベットにゴロンと寝転びスマホを見た。

LINEに通知があり見てみると、恭平からだ。




恭平
恭平
おう、元気か?

まさかちひろに会えるとは思わなかった。

また近いうちに会おうな。
ちひろ
ちひろ
おう、元気だぞ。

て、さっき会ったばっかりじゃん。

私も恭平に会えるとは思わなかったよ。

また会おうね。
と、私は返信した。

暫くすると再び通知が来た。
緑子
緑子
ちひろちゃん。

こんばんは、そしてお帰り。

恭平に聞いたわよ、今日帰って来たのね。
緑子
緑子
連絡くれればすっ飛んでったのに。

あ、それでね今、恭平と話してたんだけど今度の日曜日に家に遊びに来ない。
ちひろ
ちひろ
(緑子さんからだぁ。)

(嬉しい〜。)

(きっと素敵な女性になってるんだろうな。)

あ、返信しなきゃ。
ちひろ
ちひろ
緑子さん、ただいま。

久しぶりです。

私も緑子さんに会いたかったです。

日曜日、ぜひ遊びに伺います。
と、私は返信した。
緑子
緑子
ありがとう。

じゃ、楽しみに待ってるね。

おやすみなさい。
ちひろ
ちひろ
私も楽しみです。

おやすみなさい。
私はそう返信すると直ぐに深い眠りに落ちた。