無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

みんなあなたちゃんを無視して練習を始めます
ナムジュン
ナムジュン
よし!練習しよう!
bts
bts
あなた以外はーい
もちろんあなたちゃんは何も知らないので見てるだけ
グク
グク
やる気ないならどけ
you
you
すみませーん
ホソク
ホソク
邪魔だし目障り
どうせ踊れないんだからでてけ
((バンッ
you
you
テヒョンに押された
いっっ
テヒョン
テヒョン
早く出てけよ
you
you
はーいわかりましたー
you
you
これからどうしよっかな
こんな所いつまで居たくないしなぁー
とりあえず戻ろっと
ドアを開ける音
((ガチャ
you
you
誰もいないじゃん
よしっ今日は寝ないで練習だな
現在午後7時
you
you
お腹すいたしなんか買いに行こ
((ガチャ
you
you
え、鍵しまってんだけど
は?絶対あいつらじゃん意味わかんな
まぁいいやー
____________________
作者
作者
練習室に閉じ込められたあなたちゃん
どうなるのでしょう
次回メンバーに少し変化が?
では안녕!!