無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

ゴ
you
you
これが私の過去です 皆さんにとってはどうでもいいことでしょう
you
you
私ももうどうでもいいことです
ジン
ジン
じゃあなんで泣いてるの?
you
you
え、
ホソク
ホソク
そっか 辛かったね😭
you
you
ちょっとごめんなさい
そう言ってあなたちゃんは出ていった
社長
お前らのそういう所を俺は信じてあなたをお前らに任せたんだ
ナムジュン
ナムジュン
それってどういう意味ですか
社長
さっきまであなたのこと嫌ってたのにあいつの過去を知ってあいつの気持ち考えてそばに寄り添っただろ
社長
メンバーとして過ごすついでに愛を知らないあいつに皆から愛を教えてやってほしんだ
..........................................
ナムジュン
ナムジュン
俺あなたちゃんを認める
ジン
ジン
僕も
ホソク
ホソク
僕も
テヒョン
テヒョン
僕も!!!!!
ナムジュン
ナムジュン
ユンギヒョンのジミナとジョングガは
ユンギ
ユンギ
俺はあいつの歌とダンスを見てから決める
ナムジュン
ナムジュン
分かりました
グク
グク
俺は絶対認めません
ジミン
ジミン
僕も
ナムジュン
ナムジュン
わかった
マネさん
じゃあ今日はもう帰ろう
bts
bts
はい
((ガチャ🚪
you
you
皆さん無理して認めなくてもいいですから
マネさん
とりあえず帰ろう
合宿所に着きました←雑でごめんなさい
マネさん
明日あなたのダンスと歌見せてもらうから10時に事務所な
bts
bts
はーい
マネさん
じゃ
マネさん帰った瞬間これです
you
you
あの、
グク
グク
喋んなキモイ
ジミン
ジミン
それな
ナムジュン
ナムジュン
おいっ
you
you
いいですよ気にしてないです
you
you
ちょっと出掛けてきます
ジン
ジン
こんな時間からどこ行くの?
現在10時頃
you
you
どこでもいいじゃないですか
では行ってきます
ジミン
ジミン
どーせ男のところですよヒョン
その頃あなたちゃんは
you
you
あんなとこいたくないし 練習室にでも行くか
ダンスと歌練習しないと
事務所の練習室にいました
____________________
作者
作者
あなたちゃんを認めてくれる人増えてきましたね それにしても一生懸命なあなたちゃんですね
テヒョン
テヒョン
いつ挨拶やらせてくれるのー?
作者
作者
あ、
作者
作者
じゃあどうぞ
テヒョン
テヒョン
やった!!!!!
次回あなたのダンス、歌の発表です!
では안녕!!
作者
作者
안녕!!