無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

Mark ▶︎ 再会
カナダにいた時他の子より体が小さくていじめられてた俺。










そんな時助けてくれたのは君だった。










「ねぇ!辞めなよ!マーク嫌がってんじゃん!」








正義感が強くて何事にも全力で少し男の子っぽい子だった。








『あ、ありがとう。』










「もう、マークも男なんだから。黙らずに言い返してよ!ほんとに。」








目の前でぶつぶつ文句を言ってら姿も俺には

かっこよく見えてたんだ。










カナダから韓国は練習生になりに行く日。









『今までありがとう。またすぐに、』









「もうなんでそんな悲しいお別れみたいに言うの!会えないわけじゃないんだから!」






「でも少し寂しくなるね。だけど応援してるからね!ちゃんとアイドルになって会いに来てよ!」






最後まで俺を励ましてくれた君。そんな君がまだ好きなんだ。









「まー......」





「いまーく!!!」








『お、びっくりした、。』









「びっくりしたじゃないですよ。もうすぐライブ始まるのになんで寝てるんですか‼︎」








『あ、ごめんごめん。すぐ行くから。』









SMルーキーズからデビューして早5年。





今は仕事に追われる日々。ありがたいことにNCTの中心メンバーとして


活動することができている。




『はぁ、』









🐟「🇺🇸ため息なんかついてどうしたの?」








英語で聞いてくるジャニヒョン。









『🇺🇸いや、いつも話してるあなたのことです』










🐟「そっか。考えるなっていっても無駄だよね。笑」








『はい、笑』









NCTに入って少しは忘れれるかと思ったけど




一時も離れたことがない。あなたのこと。




それでも、ライブ中はNCTのマークだから。









ライブの中盤。俺は客席にある人を見つける。









あなただ。NCTのペンライトを持って、









俺の中の時間が止まってしまった。









でも考えるわけにはいかなのですぐに切り替える。





 







ライブ終了後あなたのいるところに向かう。






そこにはあなたの姿はなかった。





☀️「あ!まーくひょんいた!」






☀️「まーくひょん早く来て!!」









楽屋に戻るとメンバー8人と俺が一番会いたかった人。








俺はすぐにあなたに抱きついた。







普段ウィンウィンヒョン以外にはべったりしな

い俺からは想像できないだろう。





『あ、、』




抱きしめていた手を離し我にかえる。








「マークほんとにすごいね。」









「すぐ夢叶えちゃってカナダでもNCTってすごい有名なんだよ?」







「私ね友達にも言いふらしちゃった。笑」









そう言うあなたが懐かしくて思わずまた抱き締める。








『会いたかった、。』









気づいたら涙を流していた。









「もう、マーク泣かないでよ。男でしょ?」









『絶対離さないから。、。』










そうして俺の会いたかった人に感謝の気持ちそして





俺の彼女になってもらいました。




























番外編






☀️「まーくひょんって意外と積極的なんですね。」





🔥「いつもちんちゃ、やっかんしないってないのにね。」





マークが付き合ったことを聞いただグループメンバーは、、、。









Wayv↓





🦁「えーーーーーーーーーー!?マークに彼女!???????」







🐥「マーク良かったね。」









🦖「なんか、謎の敗北感。」









NCT DREAM↓








🐬「え!?がちがち!?やば!早く彼女さんに会わなきゃ!」





🐭「まーくひょんに彼女、」






🐨「ちそんいにはナナがいるもんね~!!」



























end