無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

Yuta ▶︎ 先輩
 「あなた?俺あなたのこと好きやねんけど付き合ってくれへん?」









 『悠太先輩ごめんなさい。私好きな人いるんです。』








 私が目をつけられたのは学校一のイケメン。







 日本からの留学生でかなりのタラシらしい。








 私はテヨンの妹。オッパと悠太先輩は仲がいい。







 悠太先輩が家に来た時私に一目惚れしたと言ってきた。







悠太先輩は絶大的に人気だしインスタグラムのフォロワーは有名人並みだ。







私は悠太先輩に告白を軽く50回は受けている。








でも私は好きな人がいる。ドヨン先輩だ。








ドヨン先輩はオッパと仲が良くて家にも遊びに来る。







何故かわからないけど悠太先輩とも仲がいい。








「あ!あなた!またドヨンのこと見てる!俺にすればって言ってるのに」







『あ、悠太先輩。先輩はないですって』








「えー?俺の方がドヨンよりかっこいい気がするんだけどな」







『私はドヨン先輩が好きなんです。』








「ふ~ん」








屋上から下にいるドヨン先輩を眺めている私。








その隣でコーヒー牛乳を飲みながら頬杖をついている悠太先輩。








「ドヨンはやめといた方がいいよ。後から傷つくのあなただし」








『え、私は、大丈夫ですって!先輩に心配されるような歳じゃありません!』








私は先輩に意地を張って出ていった。







私はドヨン先輩にアピールを続けていた。








デートに誘ったり昼ごはんを誘ったり。








でも全部効果なしで、。








「はぁ。なんか虚しいな」







“ねぇ、ドヨンやめてよ/”






「いいって」







“あの子に期待持たせるようなことしたんでしょ?”







「ん?あ~テヨニヒョンの妹?あれはテヨニヒョンに頼まれたから」








オッパに頼まれた、?確かにドヨン先輩が好きとは言ったけど






もしかして今までのデートって全部、









私は何もかもが嫌になって屋上に逃げた。







自分が期待持たれてるかもって勘違いして1人で浮かれてたんだ。







「はぁ、勘違いしすぎだよ、バカだな」








誰もいないのをいいことに涙が出てくる。









「泣きたくないのにッ、」








『おじょーさん?泣いてるの?』







その声の主は一番会いたくて会いたくなくてもどかしい人。








「ゆた、せんぱい、ッ、」








『あぁ、もうドヨン女の子泣かせちゃって』







手で私の涙を拭いてくれる悠太先輩。







「優しくッしないでください、」








『なんで?』







「私惨めなんです。勝手に両思いかもってて1人で浮かれて、1人で泣いて」







『俺ならあなたにそんな思いさせへんけどな』








「え?」







『言ったやん?俺あなたのこと本気で好きやって。俺なら勘違いなんてさせへん』








「悠太先輩、」






『あ?俺に惚れた?ㅋㅋ』






「違います!惚れてません、」










あの後も私に先輩はもうアプローチしてくれて無事付き合いました。









end