プリ小説

第8話

: ep7
橋川 芽衣
だって、この分野苦手だもん…
大貫 智樹
これとこれを方程式に立てればいいの
橋川 芽衣
ほんとだ!できた!
大貫 智樹
はしゃぎすぎ


私たちは塾に行ってないけど智樹は本当に頭が良い
そこはちょっと尊敬してる
大貫 智樹
ま、お前勉強できないもんなあ?
橋川 芽衣
もう、うるさいなあ!
大貫 智樹
うるさいのはどっちだよ、
橋川 芽衣
もう!私、洗濯物たたむ…
大貫 智樹
今日は俺がたたむ日だって


私たちは身の回りの家事は分担しながら生活してる

料理は毎日私で、洗濯や食器洗は日替わりで分担してる
橋川 芽衣
じゃあ、よろしく
大貫 智樹
お前の下着がきくせー

洗濯物をたたみながら智樹が言った
しかも、げらげら笑いながら、
橋川 芽衣
ちょっと見ないでよ…!


毎回、智樹がたたむと私の下着を見られる
男女ではやばい行為だけど、一緒に暮らしていたらもう慣れっこだ



next _

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆすずみ
ゆすずみ
よろしくお願いします☺︎🕊
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る