プリ小説

第28話

: ep27
次の日の朝、
グラウンドで1日練習
コーチ
そこ、走るのが遅い、
もっと回り込みをしろ


コーチの厳しい指導と必死に食らいつく選手で溢れている
大貫 智樹
いったあ…
有馬 陸
智樹大丈夫?
大貫 智樹
ああ、大丈夫…


大丈夫とは言っても俺の足に力が入らない
コーチ
大貫、治療室へ行け
大貫 智樹
わかりました…
コーチ
栗原、こいつの面倒頼んだ
栗原 菜々
わかりました




ガタン((

大貫 智樹
いって…


マネージャーはすぐに救急箱を取り出して俺の足の状態を見てくれた
栗原 菜々
腫れが酷い…


マネージャーは俺の腫れた足をガーゼで巻いてくれた
大貫 智樹
ああ、わり、さんきゅ、


俺はすぐに練習に戻ろうとしたが痺れて動かない
栗原 菜々
今は無理しない方が…
大貫 智樹
でも練習しなきゃ…
栗原 菜々
練習してまた腫れが酷くなったらどうするんですか!


マネージャーという立場のせいか、少しきつく言ってきた


流石にそう言われて抵抗するわけにはいかず
大貫 智樹
わかった、安静にしてる
栗原 菜々
よかった…
栗原 菜々
大貫さんはどこ中学のサッカー部なんですか?
大貫 智樹
敬語使わなくていい…
栗原 菜々
あ、うん!
大貫 智樹
南和野井中学
栗原 菜々
あー、でもそこまでサッカーは強豪…じゃないよね…
大貫 智樹
まあな
大貫 智樹
でもみんな努力してる
俺も負けていられねえ
栗原 菜々


マネージャーはニコッと笑って俺の方を見てきた
大貫 智樹
なんだよ
栗原 菜々
あ、ううん、サッカー好きなんだなあって思ったから!
大貫 智樹
サッカー好きに決まってんだろ
栗原 菜々
そっか、そういうの凄いかっこいいと思う…
大貫 智樹
おう
大貫 智樹
そーいや、マネージャーはなんで選抜チームのマネージャーを?
栗原 菜々
ああ、監督が私のお父さんだから…
大貫 智樹
あ、なるほど

俺は意外な繋がりを見つけて感心した



栗原 菜々
あ、てか、名前…
栗原 菜々
2人の時は菜々って呼んで…?
大貫 智樹
大貫 智樹
わかった、じゃあ菜々
栗原 菜々
うん!







next_

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆすずみ
ゆすずみ
よろしくお願いします☺︎🕊
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る