プリ小説

第39話

: ep38
陸くんに渡されて飲んだけど
胸がドキドキする頭もボーっとする

橋川 芽衣
陸…くん…?


目の前に陸くんがいる…
あれ…私、陸くんのこと好きなんだ…

橋川 芽衣
陸くん…好きだよ…
有馬 陸
うん、俺も


陸くんがぎゅっと抱きしめてくれた
あったかくて気持ちいい
凄く嬉しいくて幸せ








栗原 菜々
智樹あれ見て
大貫 智樹
なんだよ…あれ…
栗原 菜々
芽衣ちゃんと陸くん抱きあっちゃってラブラブだね
大貫 智樹
…あんなの絶対嘘だし…
栗原 菜々
本当にそう思う…?
大貫 智樹
え…?
栗原 菜々
芽衣ちゃんは陸くんのこと好きかもしれないよ?
大貫 智樹
そんなことねぇだろ


俺はそう信じる
そんなことねぇよな?芽衣?




俺と菜々はその場を立ち去った



体も心もふわふわして落ちつかない
橋川 芽衣
ねえ陸くん?
有馬 陸
なに?
橋川 芽衣
ちゅーしよ?
有馬 陸
いいよ


陸くんは私の唇にそっとキスしてくれた
橋川 芽衣
えへ…ありがとう…


幸せ、幸せ、だけど、
心が苦しくておかしいの





家_
大貫 智樹
おかわり
橋川 芽衣
はーい


今日もいつもと変わらず夕飯
毎日、血の繋がりのない智樹と過ごしている





だけど、何かがおかしいの
どんな気持ちで智樹にあっていたっけ?





next_

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆすずみ
ゆすずみ
よろしくお願いします☺︎🕊
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る