プリ小説

第34話

: ep33
大貫 智樹
おーい寝坊助
橋川 芽衣
ん…智樹…今日は早いね
大貫 智樹
まあな

なんか今日も足がガクガクして力が入らない
私、昨日なにしてたっけ?
大貫 智樹
足痛い?

智樹が心配そうに見つめる
橋川 芽衣
え?あ、ちょっと…

珍しいな智樹が私のこと心配するの…
大貫 智樹
ごめんな
橋川 芽衣
え?なにが?

私は訳が分からなくキョトンとした
大貫 智樹
ううん、なんでもねーよ

智樹はごまかして私の頭をわしゃわしゃしてきた
大貫 智樹
まあ服は着た方がいいと思うけど?
橋川 芽衣
え?

見たら私は無防備に裸のまま
言葉にならない悲鳴をあげた

橋川 芽衣
な…教えて…くれなかった…の…
大貫 智樹
別に焦んなくていいんだろ
お前の裸なんて何度も見たし
橋川 芽衣
も、もう!本当にやめてよね!


私は近くにあったタオルで自分の体を隠した
大貫 智樹
お前が着替えたら、勉強教えてやる
橋川 芽衣
な、上から目線すぎ…


その後私は私服に着替えていつもの狭い机で教えてもらうことに



橋川 芽衣
うう…疲れた…休憩…
大貫 智樹
2時間ずっとやってたからな
大貫 智樹
じゃあ休憩


やったーやっと休憩…
智樹は教えるの上手だけどスパルタだからな


…あれ、智樹の首、キスマーク?

誰がつけたの…私つけてないよね…

ふざけてつけたのかな…
でもこんな所につけるの…?

大貫 智樹
どーした?
橋川 芽衣
あ、ううん、なんでもない!
橋川 芽衣





後日_
添田 藍那
ええ?キスマーク!?
橋川 芽衣
ちょ、声でかいよ…
添田 藍那
なに、あいつ浮気かよ

藍那は少し過激ないい方をした
橋川 芽衣
それはないと思うけど…
添田 藍那
んーそんな隙があるような奴じゃないけどね…
橋川 芽衣
分かんないな…


まだ分からなかったし考えてもいなかった





後日_
先生
今日は転校生が来るぞ


「えー!だれだれ!」


「どんな子かな!」
先生
じゃ、入ってきて
栗原 菜々
大貫 智樹
うそだ…
先生
じゃあ自己紹介
栗原 菜々
栗原菜々です
よろしくお願いします





next_

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆすずみ
ゆすずみ
よろしくお願いします☺︎🕊
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る