無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

episode 2🥀










オンニを玄関に迎えに行ったら





オンニとすごく背が高くて





カッコイイひとがいました











『___君があなたちゃん?』





カッコイイひとが聞いてくる









나
나
……はいッ










そしたら、口を四角にして笑いながら









てひょん
てひょん
僕、てひょん
てひょん
てひょん
よろしくねッ
나
나
……はいッ////










てひょんさんに頭をぽんぽんされて





顔が真っ赤になったのは





私だけの秘密



















next

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

최 레이
최 레이
面白くするので読んで下さい!!(( リクエストもどんどん受け付けますよ! 読んでくれる読者ニム 정말 감사하고 사랑합니다 チングがほしい…… チングになってくれる人 いませんか……? はらんず 🍫💋
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る