無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第24話

シンメ
佐藤side










あなたが、倒れた…??










風「おい、勝利!早く行くぞ」






勝「うん、」










1分前………





紫「勝利くん!あなたが、あなたが!」





勝「あなたが何?」





廉「倒れ、ました」





風「は??」





勝「あなたは今どこにいるの!?」





廉「救護室連れていきましたけど…」





風「今1人なわけ!?」





紫「海人がついてます」





健「なら良かった。行こ!」←いつからでてきたw













ってことがあったんです。
















風「あなた!!」





『んー?あっ、やほ!』





マ「…は?」





勝「なに、やってるの…?」





『海ちゃんと遊んでたよ?』





海「えへ」





『起きたら海ちゃんいて嬉しかった♡』





健「…あ、そう。良かった」





風「いや、めっちゃ心配して走ってきたのにこの状態だよ?」





『ツンデレ心配してくれたんだねぇぇ!』





風「別に、」










風磨くん、バレバレw









健「でも倒れたんでしょ?」





『らしいねぇ。』





廉「いや、俺らの前で倒れたやん!」





『あら、しょうれんの前で倒れたのぉぉ♡嬉しい』





紫「ねね、セクゾさんの顔みて」





『…こわ』





勝「俺ら怒だよ?」





風「こんなに心配したのに」





『ごめん、』





健「俺らの、俺の大事な姫なんだからさ、」





『言い直さなくて良いけど、ありがと』





マ「無理しないでね」





風「ちょっとは頼れよな」





勝「ほんと、俺シンメだし」





『ありがとう』














ほんとに、俺のシンメは





俺の姫は…





人を頼らないよな…





もっと頼れっつーの