無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

メレンゲの気持ち
久本「本日はSexyZoneの愛野あなたちゃんに来てもらっていまーす!!」





フ「キャーーー!」




『こんにちは!あなたです!』





伊「うわ。」





『うわってなんですか!お久しぶりですっ!』





伊「ほんとうるさいよね笑」





『だって伊野尾ちゃんだもん。』





久「ちょっと意味が分からないけど笑笑」





フ「笑笑」




久「あなたちゃんは、高校2年生なんだっけ?」





『はい!そうです!』





伊「見えないですよね」





久「うんうん。詐欺ってる?」





『絶対無いです!笑」





フ「笑笑」





伊「憧れの先輩とか居るの?」





『いますよ!!Hey! Say! JUMPで言うなら山田君ですね!』





伊「そうなんだ。笑」





久「そこは伊野尾ちゃんって言おうよ」





『そんなお世辞は…笑」





伊「はぁ??」





『あっ、すみません笑
伊野尾ちゃんは大好きですよ!笑』





伊「笑ってるよね?」





『えへっ』





久「今日はこの方からメッセージ来てまーす。」





『誰じゃ。』





ふまけん「どーもー!ふまけんです☆






『うわ、最悪。』



伊「最悪なのw」





風「伊野尾くん!こんにちはー」





健「久しぶりでぇす☆」





風「スタジオの皆さん、うるさいあなたをお願いしまーす」



『余計なお世話じゃ』



ス「あなたちゃんは楽屋ではどんな感じなんですか?」






ふまけん「うるさいです」





『ハモるな!』





風「楽屋だとあんなキラッキラじゃないですよ、」





健「あの姿をファンの皆が見たらファン減るかもレベルです。」






『そんな!?笑』






ス「メンバーだけが知っているあなたちゃんの秘密は?」






風「沢山ありますよ、」






健「まず、勝利とマリにはデレデレなのにふまけんには塩です。」






風「そうなんだよな、」






健「姫、俺にもデレになって欲しい。」






『むり。』



風「多分スタジオで無理って言ってると思うよ」





健「」←



健「あと、道枝の前だとキモイくらいデレデレなんですよね。」





風「まじそれな。あれはやばいっす」





健「あれムカつくよね。」





風「別にムカつきはしないけど。」





『ブフッ』