無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

メレンゲの気持ち
ス「あなたちゃんが道枝さんと付き合っていることについてどう思ってますか?」





『おっと、これは聞いたことがないぞ!?』





健「嫌です!!ほんとに!早く別れて欲しいです。」





『ちょっと後で中島しばきます。』





伊「やめてあげて笑」





風「俺は…本人にはおめでとうって言ってるんすけど、本当はいやですね、」





『え、風磨も!?』





健「でも、今あなた幸せそうなんで…」





風「見守ってます。」





ふまけん「でも!道枝飽きたら俺のとここいよ!」





『あー、多分ないから大丈夫。』





ふまけん「以上!ふまけんでしたぁー!」



久「愛されてるのね笑」





『嬉しいことなのかなんなのか…』





伊「僕のメンバーもあなたの事大好きだし!」





『やった。』





ここであなたちゃんにまつわるタレコミでーす



久「道枝駿佑くんから!」





『駿佑!』





久「…。読みたくない。」





伊「僕が読みましょうか!…。自分で読んで?」





『えっ?…。読みますよ?』




伊「お願い。」





『…あなた大好き!』



フ「苦笑」





『おい、駿佑。あとでちょっと話があるよ♡』





伊「怖い怖い笑」



久「山田涼介くんから!」





『山田くん!?やば!!』





久「ダンスと歌のレベル高いよね!尊敬してます。だって!」





『キャーー!伊野尾くん、あとでありがとうございますって伝えておいてください♡』





伊「あ、うん。笑」





久「いや〜、面白かったね、あなたちゃん。楽しかった?」





『はい!伊野尾くんにも会えたし!山田くんからメッセージ来たし♡」





伊「あれさ、どっちもタレコミでもなんでもないけどね、笑」





『また来たいです!』





久「来てきて!ありがとう!」





『はい!』