無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

デレ期




愛「( ˘ω˘ )スースー…」





『え、待って、この状況で寝る!?』





健「寝顔も相変わらず可愛い。」





勝「それなー」





マ「写真撮ったー」









┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈





道「今日のあなたどうしちゃったんですかね、」





健「なんか…ごめん、?」





『ほんと、お前のせいだろ』





健「俺…悪くないけど…!?」





道「あ、いや、健人くんのせいじゃないです」





勝「まぁ、可愛いけどね…」





マ「でも、いつものあなたちゃんの方が好きだなー」





愛「バチッ」






健「うお、」





愛「はぁぁぁぁ!?」





健「なになになになになに」






愛「なんで私が中島の上で寝てるわけ!?」





健「いや、あの」





愛「きっっんも。」





健「え、いや、その」





『爆笑www』





愛「駿佑♡♡♡」





道「フンっ」












おっと、道枝選手





必殺:拗ねて中島に嫉妬攻撃!











愛「えっ」





道「健人くんの方がいいならぁ、別にいいよ?」





愛「え?」





マ「ほんとに覚えてないんだねw」





愛「記憶にございませんのぉ」





道「駿佑、おこなう」





『はぁ、全部説明するか、』





愛「おねしゃす」





━━━━━━━━━━━━━━━





『ってこと。』





愛「キモイキモイキモイキモイ」





健「大丈夫?」





愛「待って、こっち来んな、ラブホリ野郎」





健「え、」





愛「駿佑、ごめんーーー」





道「笑笑笑笑」





愛「??」





道「別にええで、可愛かったし」





勝「やーさすぃー」





道「そのかわり、」












道「俺とデートしろ」





愛「は、は、はい♡」







でました、ドSみっちー





健「ほんと、姫、ごめんねぇ?」





愛「だから、きもい、無理、あっち行け」





『流石に中島泣いちゃう…』





マ「健人くん無理無理症候群にかかっちゃったみたいだね笑」





勝「wwwwww」













一件…落着??笑