無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

愛野の母?
健人side



愛「今の私にはジャニーズっていうことが必要なの!!あんたには何にもわかんない!帰って!」








あなたがこんなに怒ってるの初めて見た。





泣いちゃったし







バシッ





愛「いたっ…」





風「ちょっ、あなた大丈夫か?」





愛「全然大丈夫。」





母「今すぐやめなさい。」





愛「絶対いや。私はSexyZoneのメンバーだから。」





母「何カッコつけたこと言ってるのよ」





『どこがカッコつけてると思いました?』





母「は?」





『あなたはSexyZoneのメンバーですよ?あなたは事実しか言ってません。』





愛「健人…」





『こいつは、影でずっと努力してやっと人気になれたんです。こいつのこと何も分かってないで辞めろなんて軽く言わないでください。』





母「あなただってあなたの昔のこと知らないでしょ」





『過去のことは分かりません。でも、俺にでも出来ることはあります。これ以上、あなたに近づかないでください。』





母「なによ」





風「分かったら帰れ」





愛「ふ、風磨っ」





母「分かったわ。今回は帰ってあげる。でも次来る時までにはちゃんと考えなさいよ。どうなっても知らないからね」





ガチャ






勝「あなた、大丈夫?」






愛「全然、大丈夫」





風「そういえば俺たちあなたの昔のこととか知らなかったな。」






愛「うん、」





健「言いたくなかったら言わなくていいけど教えて」





愛「分かった。教えるね。」