無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

セクゾの楽屋




どうもっ、愛野あなたです☆





SexyZoneの楽屋、うるさいです。




覗いてみますか?






佐「あなた!!おかえりぃぃぃ」







『あ、どーも。』






佐「なんでそんなに塩対応なの!!」







『あ、すんません。』




佐「マリぃぃ。」







マ「なに!?!?」







『いや、ビックリしすぎwww』







佐「あなたがいじめてくる!」







マ「あなたちゃん!ダメですよ!」







『何も知らないやつは黙っとけ。』







マ「ごめんちゃ。」







菊「ねぇ、うるさい。」







『もぉ、ツンデレなんだからぁ』







菊「なぁ、お前さ、グミ食べた?」







『なぁんのことかしぃらぁ。』







菊「あれ俺のなんだけど!!」







『あー、めんごめんご♡』







菊「ざけんなよ、、」









グミごときで…。








ふまたん可愛い。





菊「グミごときってなんだよ」





『はっ』





中「まぁまぁ。姫が可哀想。」





菊「前から思ってんだけどさwこいつのwww
どこがwwwひwww」





『あ"ぁん?』





菊「なにもありません。」





『よろしい。』





中「だって俺の姫だもんねー!」





『違うっ!駿佑の!』





中「」←








はぁ。






疲れるね、





面白いけどw





駿佑は私の彼氏ね!!