無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第31話

SexyZoneピンチ!?
健人side











聡「あっ!」





マ「割れちゃった…」





『え、やばくね?』





風「俺はしーらない」













やっべ。














聡「え、え、どうしよ!!」





『姫に嫌われちゃう!』





マ「どーんまい!」





風「俺が買ったやつなのに…」





















勝「疲れたね〜、ただいまー!」





愛「それな、ただいまぁぁ」











姫が撮影から帰ってきたぁぁぁ。





中島、松島、落ち着け。







愛「えっ、なんでそちゃん!?」





聡「あ、えっと、暇だったから来てみたんだ!」





愛「そーなの!?来るなら言ってくれれば良かったのに…♡」





聡「あ、ありがとう。」





風「てかお前、気づいてねーの?」





愛「何が?」





風「あれ。」















風磨が指さした方向には!!





割れたネイル!














菊池ぃぃぃぃぃぃ
















愛「えっ、なにこれ…」













シーン














愛「え、マジで誰。手挙げろ」





『はい…』





聡「はい…」





愛「何やっててこーなったの。」





『…2人でおにごしてて…』





聡「そしたら当たっちゃって…」





愛「はぁ!?ふざけんな!」





『はい、反省してます』






愛「風磨から貰った限定品なのに…」





聡「ほんと、ごめん」





愛「…ったく…。風磨だって、限定品って分かって買ったんだからね!?それを割るとか神経疑うわ。」





マ「え?そうなの?」





風「はっ!?」





勝「知らなかったんじゃないの?」





愛「私これお店で見つけたの!そしたらでっかく限定品って書いてあったから。どうせあれ見て買ったんでしょ、風磨くん」





風「…うっさ」





愛「はい、でました、ツンデレふまたん」





風「それやめろ」






愛「ま、とりあえず、健人しばく。」





『えっ!?』





愛「どーせお前が言い出しっぺだろ」





『その通りでございます、姫様』





愛「今度買ってこい、」





『どこに売ってる?』





愛「そっか、じゃあ私も行くから」





『デート!?』





愛「なんか文句あっか?」





『いえ、嬉しい限りです』





愛「うっえ」



















あなた怖かったけど、














デート出来るならもういいや←←