無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第13話

夏休み
『ホテル着いたぁぁぁ』





風「って、これほんとにホテル?」





健「旅館じゃないの?」





マネ「そう。旅館!」





勝「いや、ホテルって言ってたよね!?」





マネ「ホテルって言った方が皆テンション上がるかなって思ってw」





『いやぁぁぁぁ』





マリ「てか部屋汚な!」





『マリ黙れ』





健「やっぱ布団だあ!」





風「よっしゃ。」





『やだやだやだやだやだやだ』





マリ「まぁまぁ。笑」





『無理。風呂行ってくる。はぁ』













なんでよぉぉぉぉぉぉ。





最悪。無理ぃぃぃぃぃ











『ただいまー。』





勝「あ、おかえり!」





『あ、皆入ったんだ。』





マリ「うん!」





マネ「夜ご飯なんだけどさ、ディズニーでおなかいっぱいだよね??」





『うん。』





マネ「良かった。」





勝「あ、用意されてないのねw」





マネ「うん笑」





『 私は寝る。バイバイ』





風「あなたどの布団で寝る?」





『はじっこ。』





健「えっ、真ん中じゃないの!?」





『当たり前じゃん。』





マリ「じゃんけんしようよー。」





『いいよ。しよう!』





あなた→チョキ
健人→グー
風磨→グー
勝利→グー
マリ→チョキ






勝風健「しゃぁぁぁぁぁ!」





マリ「負けちゃった!」





『マリなにやってんのーーー!』





勝「俺もはじっこでいいよ!」





風「マリ、お前はじっこな。」





マリ「はーい!」





『なんだよこいつら、』











菊池とかいうやつと





中島とかいうやつと





隣になりました。





嫌です。





寝ます。












『おやすみっ!』





健「えぇ、じゃあ俺も寝るよ!姫っ!」





風「俺も寝る!あなたまだ寝るなよ!?」










こんなやつら無視しときましょう。






━━━━━━━━━━━━━━━


『ふぁー。おはよう!』





勝「おはよ!」




風「おはようじゃねーだろw」





健「遅すぎwてか寝相悪すぎな?」





『あっ、ごっめーん♡』





風「蹴られたんだけど。」





『まじ??私の隣が良いって言っててドMなのかなって思ってたんだよね』





マ「ドンマイw」











お泊まり会楽しかったのか?





これは。





まぁ、良いや。