無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

SexyZoneピンチ!?
健人side














愛「はぁ!?ふざけんな!」













どうも、中島です。









ご覧のように姫、お怒り中です。









なんでこうなったかと言うと…


















5分前…










聡「ひまー」





マ「あなたちゃん撮影で居ないしね」





健「よし、聡マリ、おにごしよ」





マ「今ここで?」





健「おん」





総「やろー!」





マ「僕は色々準備があるからやんないー」





健「じゃ、俺が鬼な」





総「キャー!」





健「おらー!」





風「うるさ、なにこれ」






健「あ、風磨!いつの間に帰ってきたの」





風「いや、今。」





聡「やるー?」





風「いや、やんねーよ笑」





健「えー、はい!タッチ」





聡「キャー!健人くん待てー」















ガッシャン


















健「ん?」





マ「わお。」





風「あーあ」





聡「あ、、どうしよ」





























割れちゃった、あなたのネイル












風磨からの誕プレだし、









限定品っていってめっちゃ喜んでたし…















SexyZone、ピンチですっ!