無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第47話

#
6:28
ジミン
ジミン
  遅せぇよ  
アナタ
アナタ
  うぅ…ごめんなさい  
ジミン
ジミン
  早く乗って  
助手席に乗った。 
ジミン
ジミン
  …お前てひょん臭い。  
アナタ
アナタ
   えっ。 
ジミン
ジミン
  てひょんとお前なにやってんの   
アナタ
アナタ
  …なにやってんのって言われても     
まぁ…2人きりの時とかテヒョン先生に


抱きつかれてたら匂い移るに決まってるよね

アナタ
アナタ
  パク先生には関係ないです   
ジミン
ジミン
  あっそ、 

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

고  기
고 기
※受験nowです。受験終わるまで待っててください 元 찜( チ ム ) 浮 気 す る な よ 推 し 様 が と て つ も な く 尊 い で す _______________ 綺 麗 な 流 れ 星 と 愛 の ハ ー ト が 好 物 フ ォ ロ ワ ー さ ん に 愛 を 育 む フ ァ ン マ → 🗝 🍰 と り ま マ イ ペ ース 作 成 で 行 き ま す() コメント と か し て く れ た ら 飛 び 跳 ね ま す ゆ っ く り 返 し て き ま す Instagram ▷▷ v_ka.rina_v
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る