無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第125話

#
ボロボロになった体で私は



夜の光で照らされてる街を歩いた。


横断歩道。


今横断歩道を渡ってるは私だけ。


アナタ
アナタ
  ん……  
全ての車が停止してる中


奥から物凄いスピードでこちらへ


走る 赤い軽自動車が向かってくる。





あぁ…終わったんだ。 全て







車が近付いてくるほどわかった。





運転してるのは






































ソユン先生だって________

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

고  기
고 기
※受験nowです。受験終わるまで待っててください 元 찜( チ ム ) 浮 気 す る な よ 推 し 様 が と て つ も な く 尊 い で す _______________ 綺 麗 な 流 れ 星 と 愛 の ハ ー ト が 好 物 フ ォ ロ ワ ー さ ん に 愛 を 育 む フ ァ ン マ → 🗝 🍰 と り ま マ イ ペ ース 作 成 で 行 き ま す() コメント と か し て く れ た ら 飛 び 跳 ね ま す ゆ っ く り 返 し て き ま す Instagram ▷▷ v_ka.rina_v
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る