無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第107話

#
体育祭前日(あの…雑とか言わないでね←)
アナタ
アナタ
  明日体育祭だぁぉ  
ジョングク
ジョングク
  楽しみだね!  
アナタ
アナタ
  いや?←  
ジョングク
ジョングク
  真顔  
アナタ
アナタ
  自分で言うなし← 
ジョングク
ジョングク
  てか。そろそろ帰らなねぇ?  
アナタ
アナタ
  いいよーん 
そういって教室を出た。、
アナタ
アナタ
  あ、 
ジョングク
ジョングク
  あ、 
少し離れた所でジミン先生とソユン先生が


キスをしてた。
ソユン先生がこちらに気がついた。
ソユン
ソユン
  あ、やだっ♡  
ジミン
ジミン
  ッ……!!!!  
ジミン先生の顔は驚きで溢れてた。
ジョングク
ジョングク
  あなた行くぞ  
ジョングクがそう言って引っ張るその手は
痛くて 怒りで溢れてる 逞しい手だった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

고  기
고 기
※受験nowです。受験終わるまで待っててください 元 찜( チ ム ) 浮 気 す る な よ 推 し 様 が と て つ も な く 尊 い で す _______________ 綺 麗 な 流 れ 星 と 愛 の ハ ー ト が 好 物 フ ォ ロ ワ ー さ ん に 愛 を 育 む フ ァ ン マ → 🗝 🍰 と り ま マ イ ペ ース 作 成 で 行 き ま す() コメント と か し て く れ た ら 飛 び 跳 ね ま す ゆ っ く り 返 し て き ま す Instagram ▷▷ v_ka.rina_v
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る