無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第135話

#
俺はソユンと喋った後に


職員室に行った。



ジミンに話すつもりだ。
テヒョン
テヒョン
  ジミン、話がある。
ジミン
ジミン
  … 何  
テヒョン
テヒョン
  放課後 屋上来いよ。  
ジミン
ジミン
  ん。 
 









































____________________


皆、 いいね、 ありがとうねん♡



たまにはさ? 質問コーナーやりたいじゃん?




だからさ、皆 質問して♡ お願い♡


暇なの← ((受験生だろうが



質問なかったらさ? 出来ればあって欲しい



これ番号でコメント欄書いて〜

答えてく♡

〜 ヲタ活Ver. 〜

ジャニオタって書いてるけど そこ無視してね



質問なくて これやる時さ?

① が 普通の奴で

② が ヲタ活Ver.だから


これやるとき ① 、 ② に って

書いてくれると こたえやすい!

両方でもOK!



出来れば 質問がうれぴーな ♡

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

고  기
고 기
※受験nowです。受験終わるまで待っててください 元 찜( チ ム ) 浮 気 す る な よ 推 し 様 が と て つ も な く 尊 い で す _______________ 綺 麗 な 流 れ 星 と 愛 の ハ ー ト が 好 物 フ ォ ロ ワ ー さ ん に 愛 を 育 む フ ァ ン マ → 🗝 🍰 と り ま マ イ ペ ース 作 成 で 行 き ま す() コメント と か し て く れ た ら 飛 び 跳 ね ま す ゆ っ く り 返 し て き ま す Instagram ▷▷ v_ka.rina_v
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る