第3話

2話
381
2022/06/14 09:40
私は複雑な気持ちの中、元な組のアジトへ向かった
お兄ちゃんとも会うのも約1年ぶり
皆さんとも解散していらいは全く会っていなかったけど
ちょくちょく来るお兄ちゃんの連絡によると皆さんは体を張った仕事は行っていないらしい
つまり、な組の再結成が決まっても
前ほど力は強くない
(なまえ)
あなた
また、特訓しなくちゃ
そんなことを考えているととっくにアジトについていた
(なまえ)
あなた
いつぶりだろう…
私は恐る恐るアジトに入った
そこにいたのは
さとみ
さとみ
あなた!
(なまえ)
あなた
お兄ちゃん!
るぅと
るぅと
お久しぶりです!
莉犬
莉犬
待ってたよ〜
ころん
ころん
遅いから事故にでもあってるかと思ったわw
ジェル
ジェル
いや、それはないやろw
(なまえ)
あなた
心配かけちゃってすみません!
ななもり
ななもり
あなた、急に呼び出しちゃってごめんね
(なまえ)
あなた
いや、大丈夫です
(なまえ)
あなた
お兄ちゃんからも理由は聞いたので
ななもり
ななもり
そっか
ななもり
ななもり
それなら話は早いね
すると、ななもりさんは急に雰囲気を変えて言ってきた
ななもり
ななもり
連絡でも言った通り
ななもり
ななもり
最近、マフィアが増え治安が悪くなってきている
ななもり
ななもり
それに「殺し屋」という連中が増えてきているみたいなんだ
(なまえ)
あなた
殺し屋…
るぅと
るぅと
罪なき人を殺す…それが殺し屋です…
さとみ
さとみ
マフィアよりもやばい連中みたいだな
ころん
ころん
確かさとみくんとあなたもそういう被害にあったんだよね…
そのことを言われた瞬間、私の中でフラッシュバックを起こした
.








あの時…私が強ければ…
.






自分を危険にまでして助けていたら…
さとみ
さとみ
あなた
あの時のことを思い出すだけで心が痛む…
さとみ
さとみ
あなた
(なまえ)
あなた
えっ?
さとみ
さとみ
どうしたんだ?
(なまえ)
あなた
いや、ちょっと考え事してただけ
私はそういう風に言って誤魔化した
ななもり
ななもり
話に戻るけど
ななもり
ななもり
このままだとマフィアがいて当たり前の世界になってしまうと思う
ななもり
ななもり
だから…
.





.







.







.
ななもり
ななもり
な組の再結成を決定する
.





.




再結成すると分かっていたけど…
なんだか複雑な気持ち…
皆さんと活動できる嬉しさもあれば…
な組を必要とするマフィアができた世界になってしまったことの悲しさ…
それでも私たちは動き出さないといけないのかもしれない
この先、どんなことが待っていたとしても…

プリ小説オーディオドラマ