第6話

5話
260
2022/07/14 13:16
そして、私は近くのお店に向かった。
(なまえ)
あなた
皆さん、どういうものがいいんだろう…
(なまえ)
あなた
とりあえず、お茶を買ってこようかな
そう思い、私はお店へと進んでいく。
そんなことより、やっぱり気になってしまう
少し前までは平和だったのが今では違うということ…
マフィアの連中
お前、調子乗んなよ
マフィアの連中
はぁ?何だよ

マフィアの連中
次はどこを潰しに行くんだ?w
マフィアの連中
あそこに決まってんだろw
外を歩くだけでこんなにマフィアがいる…
これは、前よりも酷い状況かもしれない…
そう思っていると…
ドンッ
マフィアの連中
おっと、いってぇな
(なまえ)
あなた
私はしっかりと前を見て歩いていたのであなたが悪いかと
マフィアの連中
女のくせに口答えすんのかよw
マフィアの連中
ちょっと痛い目にあったほうがいいな
シュッ
ガシッ
マフィアの連中
ッ!?
マフィアの連中はいきなり殴りかかってこようとしたけど、私は止めた。
この人、自分でぶつかりに来て攻撃してくるなんて
マフィアの連中
お、お前、何者だ!?
(なまえ)
あなた
えっ?ただのマフィアに所属している女ですけど?
マフィアの連中
マフィア!?
マフィアの連中
お前、嘘なんて通用しねぇぞ!!
(なまえ)
あなた
信じないならそれはそれでいいけど
シュッ
マフィアの連中
ッ!?
バタッ
(なまえ)
あなた
私、な組っていうマフィアに入ってるから
(なまえ)
あなた
舐められると困るんだけど
私は、軽々とそいつを倒した。
(なまえ)
あなた
あ、早く買って帰らないと!
(なまえ)
あなた
皆さん、待ってるんだしこんなことしてる場合じゃない!
そう思い、私は急いでお店へ向かった。
.






.







.
その時、あなたの様子を見ている人物がいた。
???
な組か…
???
確か、一度解散したみたいだけどまた結成したみたいだな
???
まぁあいつには見込みがありそうだ
???
上手く道具になってもらわなければ

プリ小説オーディオドラマ