無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

守る存在 # 4 Ꙭ꙳
あなた
あなた
ふわぁ〜ぁ…。
ポートマフィア 情報員 上司
あなたがあくびなんて珍しいな。
寝不足か??
あなた
あなた
え、ええ…。
少し寝付けなくて…


云えない… 昨日の中也さんの言葉にドキドキして寝つけなかったなんて云えない…!





仕事に集中しなきゃ。と、資料を取り頭を働かせる。







今日の仕事で扱う資料は幹部の功績がまとめてある物だった。


あなた
あなた
(凄い …)
あなた
あなた
(中也さん… こんなに凄い人だったんだ)
あなた
あなた
(そりゃ、坂口先輩が要注意だって云う人だもんね…。)


自分で思った事に対して、ハッとした。


そうだ。中也さんは敵だ …。


中也さんはポートマフィア。
私は異能特務課…



本来はこうやって関係を持っている事すら許されない事なのだ。


それなのに…



あなた
あなた
(私、もしかして…)




























それからしばらくして、
私の仕事場に来訪者が現れた。






🚪コンコン
ポートマフィア 情報員 上司
どうぞ。お入りください


🚪ガチャ
樋口一葉
樋口一葉
失礼します。
あなた
あなた
…一葉さん?如何かしましたか?
樋口一葉
樋口一葉
あなたさんに中也さんから伝言が。
あなた
あなた
中也さんから…?
樋口一葉
樋口一葉
急遽きゅうきょ海外での任務が決まった。直接言えずにすまん。』…だそうです。
あなた
あなた
(…いつもみたいに夜に会えなくなるって事よね。)
あなた
あなた
分かったわ。わざわざ有難う
樋口一葉
樋口一葉
あの〜。聞いてもいいですか??
あなた
あなた
ん?何を?
樋口一葉
樋口一葉
あなたさんと中原幹部ってお付き合いしてるんですか??(コソッ)
あなた
あなた
うえっ!?


吃驚ビックリして、変な声が出てしまった。
あなた
あなた
違う違う…!
樋口一葉
樋口一葉
そうなんですか?てっきりお付き合いしているものかと…
あなた
あなた
ほ、ほら!一葉さんも早く仕事に戻らないと芥川さんの気に触ってしまうかも知れませんよ!
樋口一葉
樋口一葉
あ!そうでした!あなたさん。
失礼しますね
あなた
あなた
うん。




タッタッタッ…




🚪ガチャ… パタン
あなた
あなた
(… 海外での任務ってどれくらいなのかな。)


中也さんと逢えなくなる事にショックを受けてる自分がいることに、もう驚かなかった。








だって、この気持ちに気づいてしまったのだから…。




















あなた
あなた
(私 … )


































中也さんの事が好きなんだ …