無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

守る存在 # 2 Ꙭ꙳

その次の日から、
私はポートマフィア情報員として働いた。


「BLACK DOGS」でも重要機密を任される事が多かったが、それはポートマフィアでも同じだった。


密輸や死亡した構成員について、幹部の行った任務の資料、今後の方針についてなど、様々な重要機密を扱う事になった。








ポートマフィアでの功績も良く、直ぐに頼られるようになった。


私は異能特務課のエージェントなのだから、それくらいは普通だと思っていたのだか、ポートマフィアには頭脳派の人は少ないのだろうか…。










そんなこんなで、ポートマフィアの情報員として働いて1ヶ月が経った、と在る日____













中也side

_首領執務室_
中原中也
中原中也
優秀な女情報員…ですか?
森鴎外
森鴎外
嗚呼。つい1ヶ月前に傘下の組織から抜きとった人物なのだけどね。
森鴎外
森鴎外
余りにも有能すぎて逆に裏切られた時が怖いな〜…なんて。
中原中也
中原中也
…はァ。
森鴎外
森鴎外
裏切る事は無いと思うがね。
中原中也
中原中也
…何故そう思うのですか?
森鴎外
森鴎外
前の組織では組織に入ってから誤情報は1度もなく、的確な情報と作戦で4年間、組織内に死人を出した事が無かったらしい。
中原中也
中原中也
4年間死人を出さなかった!?
森鴎外
森鴎外
それ程、組織に対して良い功績を残した彼女が我々ポートマフィアに反抗をすると思うかい??彼女の前の組織「BLACK DOGS」はポートマフィアの傘下だと云うのに。
中原中也
中原中也
反抗する確率は極めて低いですね。
森鴎外
森鴎外
だろう?
…嗚呼そうだ。彼女に次の任務の作戦案を考えてもらっていたのだが、資料を貰って来てもらえるかな?
中原中也
中原中也
はい。
森鴎外
森鴎外
ちなみにその任務資料、中也君に任せようと思ってたのだから中身見ても良いからね。
中原中也
中原中也
承知致しました。


俺は首領に一礼して女情報員が居ると云う場所に向かった…。























あなたside


コンコン…と扉がノックされた。上司はノックをする人では無いので、上司ではない。
あなた
あなた
…どうぞ。

扉が開く。












現れたのは____
















樋口一葉
樋口一葉
失礼します。
あなた
あなた
… 一葉さんでしたか。
何か御用ですか??
樋口一葉
樋口一葉
あなたさん!此の前立ててくださった作戦で行ったら上手く出来ました!! 本当に有難う!!
一葉さんは私の手を握り、ブンブンと振る。
あなた
あなた
い、いえ…。情報員の私にとっては之が仕事ですから。
あなた
あなた
でも、お役に立てたなら良かったです。



コンコン








またノック音が鳴る。
あなた
あなた
どうぞ。

🚪ガチャ





中原中也
中原中也
んァ?樋口じゃねェか。
樋口一葉
樋口一葉
な、なな、中原幹部!!!
一葉さんは素早く礼をする。
あなた
あなた
(異能者No.A5158  …重力遣いの中原中也。坂口先輩が要注意人物だと云っていた、ポートマフィアの五大幹部の一人 …。)
???
うるさい。樋口
芥川龍之介
芥川龍之介
少し黙れ。
樋口一葉
樋口一葉
芥川先輩まで!
あなた
あなた
(異能者No.B1832  …ポートマフィアの禍狗、 芥川龍之介。一葉さんの上司で遊撃隊の隊長。)
(ちなみにやつがれ君の異能者No.は作者が勝手に考えました。話の途中で失礼しました。)
あなた
あなた
如何されましたか?
中原幹部、芥川さん。
中原中也
中原中也
俺達の事を知ってるのか?
あなた
あなた
情報員なので。
中原中也
中原中也
あァ、そうだったな。
中原中也
中原中也
要件は首領が頼んだ作戦案の資料の受け取りだ。
あなた
あなた
嗚呼、その件でしたら済んでおります。

私は自分が使用している机の引き出しの鍵を開け、
紙の束を中原幹部に渡した。

あなた
あなた
これです。
中原中也
中原中也
嗚呼。有難う
あなた
あなた
いえ…。仕事ですから


中原幹部は紙をパラパラとめくり、
目を通して行く…。
中原中也
中原中也
へぇ… 確かに今迄のポートマフィアでは無かった作戦だ。この作戦だったら仲間の被害も少ないだろうな。
あなた
あなた
仲間や身内が死ぬのは辛いですから。
中原中也
中原中也
何か云ったか?
あなた
あなた
いえ。何も
中原中也
中原中也
そう云えば、手前の名前は?
あなた
あなた
… あなたです。
中原中也
中原中也
苗字は?
あなた
あなた
ありません。
中原中也
中原中也
ない?
あなた
あなた
… 昔に色々あったので。


私の言葉に何かを察した中原幹部は
その所に深く追求しなかった。
中原中也
中原中也
… まァ、之から色々世話になるだろうから宜しくな。あなた
あなた
あなた
はい。
樋口一葉
樋口一葉
そう云えば、芥川先輩は何の要件で来たんですか??
芥川龍之介
芥川龍之介
特に用はない。
樋口一葉
樋口一葉
…え?
芥川龍之介
芥川龍之介
行くぞ。樋口
樋口一葉
樋口一葉
えぇ…。
あなたさん!ではまた!
あなた
あなた
ええ。また
中原中也
中原中也
俺もそろそろ行くか。
じゃあな。あなた
あなた
あなた
はい。首領に宜しくお伝えください



















゚+o。◈。o+゚+o。◈。o+゚+o。◈。o+゚+o。◈。o+


作者
作者
2話にしてまだ恋愛要素がないとか…。
5話じゃ終わらないかもしれん…
作者
作者
そんなの短編じゃないって?
気にしない気にしない!
作者
作者
今日中にもう1話出したいけど…
習い事あるから多分無理。
作者
作者
出せたら出す!