無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第93話

作者はまたやりました
また書きました
テスト勉強疲れます(泣)
マサイくんの男バージョンと女の子バージョンが
あるやつがありますが、
女の子バージョンは最後の方に2つ載せます
今回は過激ありません。
楽しみにしてくれた方申し訳ないです
(かけそうなやつがなかった…)←言い訳
一枚目↓
マサイくんの女装です(^q^)
怒っているということは誰かにやられたのかな?
誰かなー?(・∀・)ニヤニヤ
原画↓
2枚目↓
お昼ご飯かな?
秋になったので季節感のないフィッシャーズに
長袖を着せたということにしといてください
この肉まん?の包み紙の色がわからなかった…
原画↓
三枚目↓
身長差なんてなかった
これは体格差だ
座っているだけだ
という風に自分に言い聞かせました
やっぱりキスと言ったらシルマサかなと
原画↓
四枚目↓
ちょっと女の子っぽいね、うん
制服の色は私のを参考にしました(  ˙-˙  )
これはもうマサイくんではない。
マサイちゃんとなった
原画↓
五枚目↓(六枚目からマサイ女体化)
ほとんどリア充な気が…
マサイくんの笑顔が好きです(´∀`*)
シルクさんのように思い切り愛している状態のと
モトキさんのように控えめな愛と二種類あります
個人的にはシルクさんのほうが好き…(ت)
原画↓
六枚目、七枚目(にょた化注意)
二種類の制服を着るマサイちゃん…( ´ཫ` )グハァ
一枚目と四枚目のトレス素材使ってます
私は上派(  ˙-˙  )
特に書くこともないので終わります
バイなら