無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第112話

○○しないと出られない部屋
モトマサ編

5分間キスしないと出られない部屋
ノンさんリクエスト


─────────────────
モトキ
モトキ
ほう、息続くかな?
マサイ
マサイ
そっちじゃないでしょ普通…
マサイ
マサイ
俺ら付き合ってもいないのに!
モトキ
モトキ
大丈夫、マサイなら平気
マサイ
マサイ
それはモトキだからだよ…
マサイ
マサイ
俺は嫌なの!
マサイ
マサイ
モトキが嫌な思いしちゃうじゃん
モトキ
モトキ
俺のこと考えてくれてるんだ笑
モトキ
モトキ
大丈夫、俺はマサイの事好きだし
キス出来て嬉しいくらいだし
モトキ
モトキ
…しないと出られないしさ
モトキ
モトキ
まあ、最終的には…ね
マサイ
マサイ
⁄(⁄ ⁄•⁄-⁄•⁄ ⁄)⁄
モトキ
モトキ
顔真っ赤だよ?
マサイ
マサイ
( ゚д゚)ハッ!
う、うるさい!
マサイ
マサイ
あーもー!すればいいんだろすれば!
マサイ
マサイ
ん、早くしろ///
モトキ
モトキ
はいはい笑
モトキ
モトキ
チュッ(*´(〃  )チュッ
マサイ
マサイ
モトキ
モトキ
…ん
モトキ
モトキ
(ちょっと首が疲れるんだよな…)
モトキ
モトキ
(クチュッハムッ)
マサイ
マサイ
ん、んん…///
モトキ
モトキ
…( ✪ω✪ )ピコーン
モトキ
モトキ
んん…はぅ、ん…はぁっ…
マサイ
マサイ
!!
(モトキ離しそう…!)
マサイ
マサイ
ん、はむっ、ん、ちゅ…///
(っ-ω-c)ギューッ
モトキ
モトキ
んん…はむっ、ちゅっ…ん
(可愛すぎる…)
ぺけたん
ぺけたん
『ほらほらもっとしなきゃ』
モトキ
モトキ
!?
マサイ
マサイ
ぺけたん
ぺけたん
『あ、この声モトキに
しか聞こえてないよ?』
ンダホ
ンダホ
『ほら、ずっと好き好き可愛い可愛い
って言ってたでしょ?
俺らがチャンス作ってあげたんだから』
ンダホ
ンダホ
『ほらほら、舌入れちゃえ♡
(*`꒳´ * )ヒッヒッヒー』
モトキ
モトキ
…(。_。`)コク
モトキ
モトキ
(ニュルッ、ジュルッチューッレロレロッ)
マサイ
マサイ
!?ヾノ。ÒдÓ)ノシ バンバン!!
モトキ
モトキ
(ジュルジュルッハムハムッチューッ)
マサイ
マサイ
ん///ぁっ、むっ、にゅぅ///
ぺけたん
ぺけたん
『3、2、1、終了』
モトキ
モトキ
ん、むっ
(クチュッレロッハムハムッ)
ンダホ
ンダホ
『あらら…何この最高の画』
ぺけたん
ぺけたん
『よし、次のネタはモトマサに決定』
マサイ
マサイ
ん、ぷはぁ…はぁ、はぁ…///
モトキ
モトキ
…あ、ごめん、自分見失ってた…
マサイ
マサイ
…責任取れよ///
モトキ
モトキ
…はい♡
後日
シルク
シルク
まー…さ…
マサイ
マサイ
腰痛い…誰かさんのせいで
モトキ
モトキ
ごめんなさい❤
マサイ
マサイ
反省してない、許さない
(ノシ 'ω')ノシ バンバン
シルク
シルク
…(  ˙-˙  )
ぺけたん
ぺけたん
モトマサ最高…
ンダホ
ンダホ
(。'-')(。,_,)ウンウン
シルク
シルク
泣きそう