無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

WOW
あなた

えっ?

炭治郎
炭治郎
えっ?
善逸
善逸
えっ…
伊之助
伊之助
は?
あなた

私がいる?!

伊之助
伊之助
俺の偽物がいるぞ?!
伊之助
伊之助
ぶっ殺してやる!!!!!!!
炭治郎
炭治郎
あなた?!落ち着けあなたっ…伊之助みたいなあなた!!
善逸
善逸
なにそれ?!
炭治郎
炭治郎
あれっ…えっと?
【グルグル】
……………………………
炭治郎
炭治郎
えっとつまり
炭治郎
炭治郎
俺は今伊之助の姿なわけで
善逸
善逸
俺は炭治郎?
あなた

で、私が善逸

伊之助
伊之助
俺はあなたみてぇになっちまったぞ!!
善逸
善逸
なんでこうなったの?!
伊之助
伊之助
知るかよ!!!!!!!
伊之助
伊之助
んな事より気持ちわりぃ!!!!!!!
伊之助
伊之助
【バッ】
あなた

ばかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!

あなた

お前?!

あなた

お前馬鹿だろ!!!!!!!

あなた

何脱ごうとしてんだ!!!!!!!

伊之助
伊之助
うるせぇ!!!!!!!
あなた

分かった!
元に戻ったら天ぷら奢ってあげるから!!!!!!!

伊之助
伊之助
【スッ】
あなた

チョロいなおい

善逸
善逸
伊之助が服きてるよ
善逸
善逸
違和感の塊
炭治郎
炭治郎
流石に裸は少し肌寒いからな
炭治郎
炭治郎
あと
炭治郎
炭治郎
こっちからしたら、自分と喋ってること自体違和感の塊
善逸
善逸
まぁそうだわな
次の日起きたら戻ってた
伊之助
伊之助
約束通り天ぷら奢れよな!!!!!!!